グローバルイメージ株式会社

永尾 敬子 Keiko Nagao
日本航空株式会社にて、「海外15万人の接客」「VIP対応」「乗務員教育」などを経て 2010年退社。2011年グローバルイメージ株式会社設立。 医療機関での研修「患者の心に寄り添うサービスの提供」を理念として活動。 「サービスレベルアップで収益改善する組織作り」に大きな実績をあげています。 CS(顧客満足)確立のためのES(スタッフ満足)の重要性を伝え、組織に合わせた 具体的改善策を提供しています。

サービス概要

  • HOME

グローバルイメージが提供する医療機関向け現場組織力向上研修

安心して受診でき、選ばれる病院創り!

急速に進む情報化社会の中で医療機関も選択される時代となりました。
「選ばれる病院」となるためには医療技術技能はもとより、現場のドクター、ナースそしてスタッフが一体となった現場組織力の向上が重要です。
また高度化する医療と厳しい経営環境の中で増大する医療事故リスクへ対応するためにも確実な情報共有と役割分担の中で確実に職務をこなす現場プロ集団として育成してゆくことが大切です。
しかしながらそれを内部改革努力だけで実現することは容易なことではありません。
「グローバルイメージ」は、医療現場で共通する航空業界のリスクマネージメントを応用し、ホスピタリティ、チームワーク作りなどの組織運営ノウハウを医療機関の現場運営に適用し、強いチームワーク作りとホスピタリティをベースとした「選ばれる病院」のための現場組織力を実現します。

医療機関向け現場組織研修サービスの目的

ミスの許されない現場での確実な業務遂行とお客様との質の高いパートナーシップにより「選ばれる病院」を実現するために、大手航空会社で確立された組織運営ノウハウを応用して現場組織を体系的に教育/訓練し、スタッフのストレスを軽減するツールとしての業務手順書、共通認識を確認するマニュアル類などのツールを、必要に応じて作成するお手伝いをします。
スタッフのリテンションを高め、職場の良い人間関係を築き、チームワークを確立させることによって競争力のある現場プロ集団を育成いたします。

医療機関向け現場組織研修サービス実施の流れ

現場毎の状況や課題に合せた適切な教育/訓練プランをオーダーメイドで策定します。
目標設定をした上で課題の優先順位を定め実施効果の高いテーマから研修と訓練を実施します。
施策効果を測定したうえでその結果を元に継続的に次の目標設定/施策実施を行い、より高次元の現場組織力を目指します。